早目に改善!骨盤の歪みの自覚

仕事や家事など日常生活の中で徐々に骨盤に歪みが生じてしまい、身体に大きな変化を与えてしまいます。
もし骨盤の歪みを自覚し始めたら次第に歪みが出てきますので、早目に骨盤矯正を受けましょう。

 

ライフスタイルを変化させることでいつもの生活で歪んでしまってきている骨盤は、必然的に改善されていきます。
普段の生活の中で骨盤矯正に効果がある動作を繰り返すことで、ちょっとづつ骨盤を改善していくことができるでしょう。

 

皆さんの中には腹筋を毎日鍛えている方もいらっしゃるかと思いますが、その腹筋が弱まってしまうことで、骨盤が徐々に開いてきてしまいます。
このことから腹式呼吸で生活をしたり、また腹筋を使用するように意識した生活をしていくことが重要なのです。



早目に改善!骨盤の歪みの自覚ブログ:21年06月01日

最近、オレはゴルフを始めました。

友達や仕事関係の人に会った時、
挨拶がてらに「ゴルフを始めた」と話しをすると
オレを知るほとんどの人が「意外だねぇ」と応えます。

昔、どんなに誘われても断り続けたゴルフ…
それが今では、時間を見つけては
打ちっ放しに行くまでになったのです。
それは、ひょんなことがきっかけでした。

幼稚園に通うむすことオレとパパ(ジジ)の
親子三代で出かけた時のこと…

むすこが
「ジジはぼくのおじいちゃんだけど、パパのおじいちゃん?」
と聞いてきました。

どうやらむすこにとって
「ジジ(祖父)とオレ(父)」の関係が
今ひとつわからないようなのです。

「ジジはパパのパパなんだよ」と答えると、
むすこは不思議そうな顔をして
「ウソだよ。ジジはパパのパパじゃないよ」と言います。

やはり子供にとっては
少し難しいのかなと思っていると…

「パパはいつもボクと手を繋いでくれるのに、
ジジはパパと手を繋いでくれないじゃない?
ジジとパパが親子なら、なんでボクみたいに手を繋がないの?」
とむすこは半泣きになっているのです。

むすこは
親と子供は手を繋ぐもの…と感じたようです。

むすこの泣き顔と孫の言葉に、
恥ずかしながらもオレとパパは手を繋ぎました。

何十年も繋いでなかったその手は、
ゴツゴツしたパパの手から
シワシワのおじいさんの手になっていました。

不思議と涙が出て来ました。
元気で頑固なパパも
本当におじいさんになってしまったんだなぁ…

そしてこれから先、
少しでもパパと一緒に過ごしたいと感じたのです。

日本酒も飲めないオレにとって、
これからパパと楽しく時間を過ごせるもの…
それがゴルフだったのです。